企業の書類、処理方法は何がある?

安全に処分!企業が書類を捨てる方法とは?

専用ボックスはサッと処理出来る

一般家庭で使う書類、または古紙・ダンボールを処分する時は、燃えるごみや資源ごみとして出せば良いのですが企業の場合はそうもいきません。特に個人情報の掲載されている書類に関しては、情報の流出の可能性もありますのでむやみに捨てる事は出来ません。
また個人情報が掲載されている書類に関しては、すぐに処理するのではなく掲載されている情報によって、保管しなければならない決まりもあるので、ゴミ回収に来たのでそのままゴミに出すという方法を取る事は出来ないのです。
保管に関しても書類が数枚であれば問題はないですが、大きな企業であったり、多くの個人情報を扱う企業であったりするとオフィスや倉庫にいくらスペースがあっても足りません。面倒になって山奥に廃棄する、または家庭ごみに出すとペナルティを受けますし時折そのような問題がメディアで騒がれているケースもあります。
ここではそんな書類の処理方法について紹介しています。自社で処分しているところもありますが、効率が悪いですし手法によっては専門の知識が必要です。
ちなみに業者へ依頼すると有料になるのですが、素人が行うよりも確実に処分してくれるので安心ですし、一定のコストを支払っても依頼する価値はあると言えます。多くの企業が処分サービスを展開する中で、おすすめの方法や人気のある処分方法について紹介していきたいと思いますので、書類の処分に困っている経営者、オーナーさんは必見の情報といえるでしょう。

書類はどうやって捨てればいいの?

企業が処分したい書類を捨てるための専用ボックスがあるのはご存知でしょうか? 個人情報の扱いに長けている企業が展開しているサービスですし、コストがかからないので安く処理したいケースや、特殊な知識などはなくすぐに処理したい場合におすすめの方法といえます。

裁断処理ならセキュリティ面も安心

ボックスよりも更にセキュリティが強固な裁断処理は、多くの書類を処分するのに向いている方法といえます。 企業が提供する業務用のシュレッダーや、専用の機材を使って裁断していくので書類を復元する事は出来ません。この手法のメリット・デメリットを紹介しています。

溶かして処理!溶解処理のススメ

特殊な薬剤を使って処理するので、個人情報や社外秘の情報が掲載されている書類を処分するにはぴったりの方法と言われる溶解処理。 セキュリティ面が高く、確実で安全な処理ですので多くの企業から支持されていますが、ややコストが高くなるケースもある様です。