安全に処分!企業が書類を捨てる方法とは?

書類はどうやって捨てればいいの?

設置されているところに出せばいい

企業が展開しているサービスの中に、書類を専用に処分してくれるボックスが設置されているケースがあります。企業へ依頼して、そのボックスを届けてもらう事も出来ますし、大きさによってボックスを選ぶ事が出来るので手軽に処分出来る方法だと言えます。
このボックス方法のメリットは気軽なだけではなく、しっかりと分別を行った上で資源として扱われます。資源になったものはリサイクル品として加工され、また世に輩出されます。
もちろん書類であった情報はありませんので、ここから個人情報が流出する事はありません。処分しながら地球環境に貢献したいという方にはおすすめの処分方法だといえるでしょう。低コストで処分出来るのも魅力の一つです。

ある程度の分別が必要です

企業から送られてきたボックスに書類を入れて、後は渡すだけでよい便利なサービスですが、思わぬ部分にデメリットがあります。
元々書類だけであれば分別の必要はありませんが、書類にホチキスの芯やテープ、クリップといった他の資源がついている場合はあらかじめ取り除き、分別しておく必要があります。少ない枚数であれば問題ないですが、膨大な書類の分別をするのは骨が折れますし、さらに専用のボックスへ入れるので面倒だと思う方もいるでしょう。
また書類を専用のボックスに入れて工場での処分となりますので、その情報が漏れるのはゼロではありません。
物理的に情報が分からなくなる裁断処理や溶解処理に比べると専用ボックスでの手法は、セキュリティ面に弱みがあります。


みんなにシェア

B!