安全に処分!企業が書類を捨てる方法とは?

裁断処理ならセキュリティ面も安心

裁断処理は安全?

よく個人用のシュレッダーやはさみで裁断し、燃えるごみとして捨てる方がいますが、これは間違いではありません。シュレッダーや専用のはさみで物理的に情報を分からなくする事で、セキュリティも強固になります。
しかしその書類の量が多い場合はオフィスにあるシュレッダーやはさみで裁断するのは難しくなってしまいます。
そこでおすすめなのが裁断処理をしてくれる業者です。書類を業務用のシュレッダーや裁断機に入れて裁断するので、処理の時間が早く安全です。この方法ですがセキュリティはもちろんですが、効率良く処分が出来るので多くの方が利用しています。
企業によってはシュレッダーをレンタル出来るプランを用意しているので、自社で裁断が出来るケースもあります。

量が多いと大変

安全で確実、且つ迅速に処分してくれる夢のような手法ですが、その反面掃除がとても大変です。機械が裁断しているので、どうしてもそのクズが出ますし、大量の書類を一気に処分するとそれだけ裁断後のクズも出やすくなってしまいます。
また効率の良さはかなりのものですが、地球環境への貢献度、いわゆるリサイクルへの貢献度はあまり高くありません。理由としては書類以外ものも一緒に粉砕してくれるので純粋な資源として扱われにくいのです。
更には人件費や清掃にかかる費用、機械を動かす電気代といったコスト面をピックアップすると安いとはいません。コストを気にせずにガンガン処理したいという企業にはぴったりの手法ですが、少しでも気をつけたい場合は気をつけて下さい。


みんなにシェア

B!